エステ脱毛と
医療脱毛
の違い

医療脱毛が選ばれる理由「医療レーザー脱毛」の
メリット
脱毛機の高い出力により、
短期間で脱毛が完了!

エステサロン脱毛には、「脱毛通い放題○○円」、「永久保証制度あり」、「効果がなかったら全額返金します」などの広告が見られます。
そのようなエステサロンで脱毛をされていた方から、予約が全然取れない、結局費用が高くなったなどの声が聞かれます。

エステサロンでは、永久的に毛をなくすための毛根を破壊する行為【永久脱毛】を行うことは法律上できません。エステ脱毛では、減毛や除毛といった毛が生えてくるのを遅らせる施術のみになるので、「毛がなくならない」、「変わらない」ということになります。 医療脱毛は、通常5・6回で脱毛が完了しますので、エステ脱毛の通い放題のように何回も通う必要もありません。また医療脱毛は照射力が強く、使用される医療レーザー機器は、医療機関でのみ使用が認められている機器であるためエステで使用することはできません。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の効果の違いはハッキリしています。実際にエステ脱毛から医療脱毛に変更をされる方も多くいらっしゃいます。

  • エステ脱毛との違い
  • 医療レーザー脱毛

■ エステの弱い光でも脱毛できるのか?

脱毛関連サイトやブログでも脱毛の目安として「医療脱毛は5~6回」、「エステ脱毛は10~12回程度」という記載がみられます。この表現では、エステ脱毛でも回数を多く行えば脱毛されるように説明されています。エステ脱毛を選ばれる方は、「安いから」・「回数がかかっても痛くない方がいい」といった理由で選んでいます。しかし結局脱毛されないことに気が付くのは、脱毛のコースが終わり時間とお金を消費してからになることが多いです。
毛根の毛母細胞を破壊するには強い熱エネルギーが必要になります。この強い熱エネルギーは機器の性質上も法律上もレーザー機器でしか得られません。毛根が破壊されるかは、1回のエネルギーの強さに関係しており、少しづつ回数を重ねたから破壊されるということではありません。レーザー脱毛でも5~6回の照射が必要になるのは、毛周期によるものです。脱毛効果において、毛周期は変えられませんので、関係しているのは適切な照射時期とエネルギーの強さです。通う時間や照射の時間など皆様の時間を大切にして下さい。

■ 痛みの差は効果の差

医療レーザー脱毛ではある程度の痛みを感じます。それは「輪ゴムで弾いた感じ」や「熱いコップを持った感じ」などと表現されます。痛みは、毛根の毛母細胞に強い熱エネルギーで伝えるために必要な過程です。この過程での痛みを軽減するために、冷却機器で冷却を行いながら脱毛を行います。
エステの脱毛はフラッシュライトやIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を使用しています。光はレーザーとは異なり、照射力が弱いため、痛みも感じません。照射力が弱ければ、毛根は破壊されず、毛根にダメージを与えたとしても毛は再び再生されてしまいます。痛くないということは脱毛されないということです。一時的に除毛したい、毛の成長を遅くしたいだけの方はエステ脱毛に向いています。

■ 施術担当者の差

医療機関での脱毛は、医療従事者である医師または看護師が行います。多くのクリニックでは、看護師が脱毛を担当していると思います。法律上、脱毛行為が医療行為とされているのは、脱毛を受ける方のために医学的に皮膚を理解し、万が一肌にトラブルが起きた時も適切に対処できるためです。一番大切なのは安全性です。医療脱毛は、医療従事者と医療レーザー機器と医療基準の衛生環境により保たれています。

永久脱毛は医療機関でしか
行えません
脱毛行為等に対する医師法の適用によって医療機関以外での
毛根を破壊する永久脱毛行為は認められていません。用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為を行うと医師法第17条に違反することになります。(医政医発第105号・平成13年11月8日)
レーザー機器は医療機器です。
医療機関でのみ使用が認められています。
ページの先頭へ戻る